スキューバダイビングについての話をまとめています。

蒼の向こうへ

スキューバダイビングでの障害1

スキューバダイビングを行うにあたって、起こりうる障害を幾つか紹介していますので参考にどうぞ。

まず、スキューバダイビングをしているなかで切っても切り離せない障害として、スクイズがあります。スクイズとは、体内の空隙などが水圧によって押しつぶされたり引っ張られたりするという現象のことをスクイズと言います。中耳腔に起こるスクイズによって鼓膜が破れてしまうという可能性もある。鼓膜の損傷を防ぐ為には、スキューバダイビングでは必須の動作「耳抜き」を行う。虫歯の場合や、マスク、ドライスーツを着ている場合でもスクイズを起こして傷みを感じることがあるので注意、特に、マスク内の空気が陰圧になってしまうことで顔の皮膚が引っ張られたり押しつけられたりするスクイズ現象の事をマスクスクイズと言います。このマスクスクイズを回避する為には、鼻からマスク内に直接空気を送り込むマスクブローと呼ばれる行為を行う必要があります。また、耳抜きに関しては、水深が深くなるごとにこまめに耳抜きをした方が良いとのこと。

次に紹介するのが、肺の過膨張障害と呼ばれる障害です。この障害は、息を止めて浮上したことにより障害が起こるもので、水深が深いところでは周囲の水圧と同じ圧力の酸素を吸うので、息を止めてしまうと体内で空気の体積が大きくなってしまい肺が膨張してしまって、最終的には破裂してしまうと言う障害です。これらは長い時間息を止めていた場合に起こる障害であり、ゆっくりと深く息を吸うことにより障害を回避することが出来ます。兎に角この障害を回避する為に大切なことは、息を止めずにスムーズに呼吸を行うということです。

check

二足歩行など様々なロボットをはじめ、パーツ類も充実の品揃え、業界最大級の通販ショップ

ロボット

国内最大級のホームシアター&オーディオ・ビジュアル専門店、アバックのホームページです。

ホームシアター鑑賞

あぶらとり紙や金箔グッズなど色々揃っています。

金沢 体験

岡山の倉敷美観地区で和装前撮り

岡山 前撮り

東京23区の土地探し、売土地・土地探しのことならお任せください!

土地探し 東京

2016/7/6 更新